複数の医療保険から給付金が支払われる?

医療保険Q&A

複数の医療保険から給付金が支払われる?

(最終更新日:2017年11月07日)

複数の医療保険から給付金を受け取ることができる

医療保険は、実際にかかった医療費の金額に関わらず、決まった契約内容で給付金が受け取れる定額給付方式です。
そのため、複数の医療保険に加入していたとしても、その契約の保障内容に従って給付金を受け取る事ができます。
ですから、医療保険に入っていて、「実際にかかった医療費よりも多くの給付金を受け取った」ということはよくあります。

 

※ちなみに、火災保険や自動車保険は実損填補方式といい、実際の被害金額に応じた金額が補償されます。

 

複数の医療保険に加入することはよくある?

実際に複数の医療保険に加入される方もいます。その場合、次のようなメリットがあるからです。

 

メリット① ふたつの医療保険のいいとこどりができる

備えたい保障がひとつの医療保険だけでは揃わないこともあります。そのような場合にも複数の医療保険に加入することは有効です。

例:「日額10,000円の医療保障で、長期入院にも備えつつ、通院保障も充実させたい」ので、長期入院が保障されるA社の医療保険で日額5,000円、通院保障が充実しているB社の医療保険で日額5,000円を加入する

 

メリット② リスクを分散できる

保険会社の破たんの心配をされる方は,医療保険をひとつの保険会社で契約するのではなく、ふたつに分けて契約することがあります。

例:日額10,000円の医療保障を備えたいが、保険会社の破たんリスクを分散するため、A社とB社で日額5,000円の医療保険を加入する

 

複数の医療保険を検討するならプロに相談を

複数の医療保険を検討する場合、保障内容や保険料を比較して判断する必要があります。自分だけでもできますが、プロに解説してもらいながら検討をすすめるとスムーズです。

まとめると

•複数の医療保険から給付金を受け取ることができます。
•複数の医療保険に加入することで複数の医療保険のいいとこどりをしたり、リスクを分散することができます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です