【相続対策】贈与税の税率と計算方法(一般贈与と特例贈与の違い)

贈与税

【相続対策】贈与税の税率と計算方法(一般贈与と特例贈与の違い)

簡単3ステップ!老後資金シミュレーションページへのバナー,保険相談サロンFLP

贈与とは

贈与とはある人が自分の持っているものを他人にあげることをいいます。

 

 

贈与税とは

贈与税とは、個人が個人から贈与により現金、有価証券、不動産等の財産をもらった場合、財産をもらった人に課される税金です。

 

 

2種類の贈与

贈与は一般贈与と特例贈与の2種類があり、それぞれ税率も異なります。

(1)一般贈与

特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与のことをいい、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合が該当します。

 

贈与税の税率(一般贈与財産用)

基礎控除後の課税価格税率控除額
~200万円以下10%
200万円超~300万円以下15%10万円
300万円超~400万円以下20%25万円
400万円超~600万円以下30%65万円
600万円超~1,000万円以下40%125万円
1,000万円超~1,500万円以下45%175万円
1,500万円超~3,000万円以下50%250万円
3,000万円超~55%400万円

 

 

(2)特例贈与

直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日時点で20歳以上の子・孫などへの贈与のことをいいます。

 

贈与税の税率(特例贈与財産用)

基礎控除後の課税価格税率控除額
~200万円以下10%
200万円超~300万円以下15%10万円
300万円超~400万円以下20%30万円
400万円超~600万円以下30%90万円
600万円超~1,000万円以下40%190万円
1,000万円超~1,500万円以下45%265万円
1,500万円超~3,000万円以下50%415万円
3,000万円超~55%640万円

 

 

 

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です