贈与税の税率と計算方法

贈与税

贈与税の税率と計算方法

(最終更新日:2017年08月30日)

贈与とは

贈与とはある人が自分の持っているものを他人にあげることをいいます。

 

 

贈与税とは

贈与税とは、個人が個人から贈与により現金、有価証券、不動産等の財産をもらった場合、財産をもらった人に課される税金です。

 

 

2種類の贈与

贈与は一般贈与と特例贈与の2種類があり、それぞれ税率も異なります。

(1)一般贈与

特例贈与財産用」に該当しない場合の贈与のことをいい、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合が該当します。

 

(2)特例贈与

直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日時点で20歳以上の子・孫などへの贈与のことをいいます。

 

 

贈与税の税率(一般贈与財産用)

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
~200万円以下 10%
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超~ 55% 400万円

 

 

贈与税の税率(特例贈与財産用)

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
~200万円以下 10%
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 30万円
400万円超~600万円以下 30% 90万円
600万円超~1,000万円以下 40% 190万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 265万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 415万円
3,000万円超~ 55% 640万円

 

 

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です