【相続対策】相続時精算課税制度(贈与税負担を減らしながら、生前に次世代へ資産移転)

相続対策

【相続対策】相続時精算課税制度(贈与税負担を減らしながら、生前に次世代へ資産移転)

簡単3ステップ!老後資金シミュレーションページへのバナー,保険相談サロンFLP

相続時精算課税制度とは

相続時精算課税制度は、親から子の世代への贈与をスムーズにすることを目的に作られた制度で、生前に2,500万円まで贈与しても贈与税がかかりません。

2,500万円超は一律20%の贈与税がかかります。

 

 

贈与を受けた分は相続財産に加算され、相続税の対象となる

相続時精算課税制度により贈与を受けた金額は、相続時に相続財産に加算されます。

 

すでに納税した贈与税は相続税の前払い分として扱われ、相続時に精算されます。また、相続税額の方が少なければ、納めた贈与税との差額が還付されます。

 

いわば「相続税の前払い」の制度といえます。

 

 

相続時精算課税制度の適用条件

・贈与者は60歳以上の親または祖父母

・受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子または孫

・贈与財産の種類、金額、贈与回数、年数に制限はありません。

 

なお、相続時精算課税制度は贈与者ごとに適用できます。(例えば父からは暦年課税、母からは相続時精算課税とすることができます。)

 

 

相続時精算課税制度のメリット

相続時精算課税制度を適用した贈与財産は、相続税の課税対象となるので、相続税を軽減する効果はないといわれています。

しかし、次のようなメリットがあります。

・贈与税の負担を少なくしながら、相続を待たずに生前に次世代へ資産の移転ができる

・(収益物件を贈与した場合)受贈者が収益物件から発生する家賃等の収益を得られる

・(収益物件を贈与した場合)贈与者の相続財産の増加を抑えられる

 

 

相続時精算課税制度のデメリット

相続時精算課税を選択した場合は、それ以降のその贈与者からの贈与は暦年課税を適用できません。年間110万円の基礎控除も適用できません。

 

 

専門家に相談しよう

この制度を活用の際には専門家に相談するとよいでしょう。

保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

あんしん相続サポートの詳細はこちら

 

 

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です