団体信用生命保険に入っていれば収入保障保険は不要?

(最終更新日:2019年12月18日)

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険(団信)は、住宅ローンを利用する人が金融機関を通じて加入する生命保険です。
契約者がローンの返済途中で死亡した場合、その時点での債務残高相当額の保険金が金融機関などに支払われ、ローンが清算されます。
ほとんどの民間の金融機関は、住宅ローンを利用する場合、団信への加入義務付けています。
受け取る保険金額が時間とともに少なくなっていくという形式は収入保障保険に似ています。

 

 

団体信用生命保険に入っていれば収入保障保険は不要?

そうすると、収入保障保険に加入すると団信と重複するのでは?と思われるかもしれません。
結論から言うと、「団信があれば収入保障保険は不要」とは言えません。
なぜなら、団信はあくまでも住宅ローンの支払いを保障するためのものだからです。
団信に入っていれば、住宅ローンを支払っている人が亡くなった場合、住宅ローンの残債が清算され、住まいを失う心配もありません。
ただし、住宅ローン以外の生活費や教育費が保障されるわけではありません。
そういった費用を遺族年金などの公的保障や、貯蓄だけでまかなえない場合、団信とは別に死亡保障が必要となります。
ですから、収入保障保険に加入する場合、団信と重複しないようにする必要があります。

 

 

住宅を購入した後は生命保険の見直しを

上記のように、団信に加入するということは、加入する生命保険が増えるということになります。
すでに生命保険に加入しているという人は保障が重複してしまう可能性もありますので、保険の見直しをしましょう。

まとめると

・「団信があれば収入保障保険は不要」というわけではなく、収入保障保険に加入する場合、団信と重複しないようにする必要があります。
・住宅を購入した後は保険の見直しをしましょう。

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。