変額保険の特徴

変額保険の基本

変額保険の特徴

変額保険とは

死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金、年金の額が運用に応じて変動する保険です。

※変額保険は運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、 運用実績により損失が生ずるおそれがあります。

加入の際はその点を納得の上で選ぶ必要があります。

 

 

変額保険の運用方法

下記のような、特別勘定(ファンド)から選んで運用することができます。途中で運用比率を変更したりすることもできます。

・国内株式型

・海外株式型

・国内債券型

・海外債券型

・海外REIT型

・バランス型

※保険会社によって選べる運用先が異なります。

 

 

変額保険の種類

変額保険の種類には、「終身型」「有期型」「年金型」などがあります。

 

 

変額保険のしくみ

ここでは変額保険(終身型)の仕組みを図で説明します。

死亡保障額は運用によって変動します。ただし最低保証があり、最低保証額を下回ることはありません。

解約返戻金は運用により変動します。解約返戻金には最低保証がありませんので、お金が必要となって解約するときに、株価下落で返戻金が減少しているということもありますので注意が必要です。

 

<運用が好調な場合>

 

<運用が好調でない場合>

 

 

変額保険を解約した場合

解約返戻金は運用実績により変動し、最低保証はありません。解約返戻金は、運用実績によっては、支払った保険料より大きく目減りしてしまうことがあります。

 

 

変額保険は割安な保険料で一生涯の保障を確保

同じ保障額ならば、定額型の終身保険よりも変額終身保険のほうが、保険料は安くなります。死亡保険金には最低保証がありますので、運用で増やす目的ではなく、死亡保険金の受取りを目的とし、解約をしない前提であれば、一生涯の保障を安く準備することができます。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です