引受緩和型医療保険とは?引受基準の比較をしながら紹介します。

(最終更新日:2020年12月17日)

持病や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすくした「緩和型医療保険」について紹介します。

加入のしやすさの違う3つの医療保険

医療保険は引受基準によって下表のような3種類に分類できます。

引受基準による3種類の医療保険の比較

通常の医療保険 緩和型 無選択型
加入のしやすさ 通常の医療保険より加入しやすい 緩和型より加入しやすい
告知項目 多い 少ない(3~5項目) なし
既往症の保障 保障する 保障する 保障しない
保障の免責 なし 一定期間は保障額が減額 一定期間は保障対象外
保障期間 定期/終身 定期/終身 定期のみ
保険料 通常の医療保険より高い 緩和型より高い

 

引受緩和型医療保険の特徴

• 持病がある人や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすい
緩和型医療保険は、健康状態に関する告知項目を限定し、引受基準を緩和している医療保険です。通常の医療保険よりも少ない、3~5つの項目について告知し審査をクリアすれば加入することができます。

一定期間は保障が削減される

緩和型医療保険では、加入後1年間は保障額が半額になるのが一般的です。

 

保険料が割高

保険料は一般の医療保険に比べて割高になります。

 

通常の医療保険に加入できない場合、緩和型医療保険を選ぶのも選択肢の一つでしょう。

まとめると

・緩和型医療保険は持病がある人や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすい分、保険料は割高になります。
・緩和型医療保険は加入後1年間は保障額が半額になるのが一般的です。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧