スタッフの人生に貢献するために、この役目を授かっている 2008年入社/エリアマネージャー 佐藤 和士

前職は何をされていましたか?
損害保険会社の法人営業として外訪をしていました。
なぜF.L.Pに入社しようと思いましたか?
前職では、お客様にご提案できる保険が限られていましたが、F.L.Pは複数社取扱っているという点から、本当にお客様が求めている保険を提案できると思い、入社を決めました。
佐藤 和士
エリアマネージャーとして、なにを一番心がけていることはどのようなことですか?
エリアマネージャーとして仕事をするうえで「スタッフの人生に貢献するために、この役目を授かっている」ということを一番心がけています。自分の指導はスタッフの成長に繋がり、その成長はスタッフの人生に影響を与えると考えております。今後も繋がりのあるスタッフ皆に貢献する役を担っているということを念頭に置き業務に取り組んでいきます。
エリアマネージャーとして、マネジメントの難しさを感じる時はどのような時ですか?
スタッフが壁にぶつかっている時、どこまで手を差し伸べればいいか、いつも悩みます。自分が大きく関わり問題を解決しても、その人の成功体験になりません。自分がどう動きアシストしていくか、どこまで手を差し伸べるか、いつも難しさを感じます。
エリアマネージャーとして、店舗を運営していく上でやりがいはどのようなことですか?
1人では出来ない事を組織を成して出来るようにすることです。エリアとなるとかなりの大所帯になりますが、その規模で結果を変えていくという事に難しさを感じています。そこをどう変えていくかということはやりがいでもあり、課題でもあります。
印象にのこっているお客様とのエピソードを教えて下さい。
店長になり始めた頃ですが、あるお客様から「貴方のお勧めのものに入ります」と言われたことがありました。信頼して頂けたからこそのお言葉なのではないかと思い、今でも心の支えになっています。
中々成績が向上せず苦しい時だったのですが、雑念は振り払いただ、「お客様のお役に立てることをしよう」と思い、私心なく向き合う事ができたからこそ頂けたお言葉なのかなと思います。長い事この仕事をやっていても忘れられない、自分にとって分岐点となるエピソードだったかなと思います。
佐藤 和士
佐藤 和士
今後の目標は何ですか?
今は、肩書きに似合う役割がまだまだできていないように感じています。自分自身をもっと成長させ、一緒に働く仲間の為に貢献できるようになることが目標です。
応募をしようとホームページを見ている方達に一言お願いします。
MIプランナーという職業は、今の日本に必要な仕事だと思います。それは「保険を売る人」ではなく「ライフプランナー」として、前向きな人生設計をアシストする職業だと思っているからです。
自分は出会った人を幸せにできるようになりたいという思いで日々業務に取り組んでいます。
そんな価値観をお持ちの方、そんな仕事を職業にしたい方は是非、ご応募して頂きたいと思います。