がん保険の通院特約

がん保険の特約

がん保険の通院特約

(最終更新日:2017年09月08日)

最近では、がん治療において、入院をしないで抗がん剤・放射線など通院だけで治療するケースもあり、通院治療の重要性が高まってきています。
ここでは、がん保険の通院特約について詳しくみていきましょう。

がん通院特約

がん通院特約とは、がんの治療目的で所定の通院をした場合や、がんにより一定期間入院した後の通院をした場合に給付金を受け取ることができる特約です。
通院をすると、例えば1日10,000円という形で設定した金額が給付金として支払われます。

 

通院給付金を受け取れる条件が商品によって違いますので、下記のポイントを中心に注意が必要です。
•入院しなくても通院をすれば給付金の対象となるか?
•給付金の対象となる通院について、治療内容が限られているか?

 

最近では、がんと診断を受けて一度も入院することなく通院のみで治療を行うケースもあるので、入院しなくても通院給付金が出る商品も増えています。

 

通院治療の割合は増加

厚生労働省の「平成23年患者調査」によるとがん患者総数に占める外来患者の割合が平成17年は49.2%だったのに対して平成23年は54.8%に上昇しています。

がん患者に占める外来患者の割合

(出典)厚生労働省 平成23年「患者調査」

 

通院の割合が増えている理由

がん治療において、通院治療の割合が増えている理由は主に、下記の2つです。
(1)国の医療費削減政策の一環で、病院側が入院日数の短期化を進めている
(2)医療技術の進歩

 

特に(2)が大きな要因と考えられます。
最近では、治療実績を重ね、副作用への対策が確立されてきたことで、放射線治療や抗がん剤治療を通院で行うことが可能となってきました。

 

また、最近ではこの医療環境の変化に合わせ、通院に重きを置き、入院給付と同額の通院給付を行うがん保険が増えてきています。

 

がんの通院治療

がんの通院治療は数回通えば済むというものではありません。
がんの再発を防ぐために、3~4週間を1クールとする治療を何クールも行います。
治療期間は数ヶ月、長ければ数年という単位となります。

 

高額療養費制度があるとはいえ、長期間にわたる通院でのがん治療は、経済的にも大きな負担になることは間違いないでしょう。

 

ぜひ検討したい通院特約

前述のように、がんの治療においては通院治療の割合が増えています。
また、通院治療となれば長期間の通院になり、経済的にも大きな負担が予想されます。
通院特約は、いろいろある特約の中でも必要性の高い特約だと思いますので、付加しておくと安心でしょう。

まとめると

・がん通院特約は、がんの治療を目的とした所定の通院をした場合に給付金を受け取ることができる特約です。
・がんの通院治療の割合は増えています。また、通院治療となれば長期間の通院になり、経済的にも大きな負担が予想されます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です