生命保険とは

生命保険の基本

生命保険とは

(最終更新日:2017年10月12日)

生命保険とはどのような保険なのでしょうか。

生命保険とは

生命保険とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するものです。

 

生命保険の仕組み

生命保険の中には、月々数千円の保険料で、万が一死亡してしまった場合に数千万円の保険金を受け取ることができる商品もあります。
どうしてこのようなことが可能なのでしょうか。

生命保険の考え方に「一人は万人のために、万人は一人のために」という相互扶助の精神があります。
たくさんの人が少しずつお金を出し合って、大きな共有の準備財産をつくり、万が一の事があった場合には、その中からまとまったお金を出し、経済的に助け合うという仕組みになっています。

 

生命保険の仕組み

 

誰にでも人生の中で経済的リスクに直面する可能性があります。ですが、いつ起こるのかは誰にも分かりません。
急にリスクに直面した時には、貯蓄だけでは足りないことも出てくるかもしれません。
そんな時に保険の仕組みを使うことで、みんなで少しずつ出し合ったお金を、リスクに直面した人へ分け与えることが出来るのです。

まとめると

・生命保険とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険金が受け取れます。
・生命保険は相互扶助の仕組みで、万が一の経済的なリスクをカバーできるようになっています。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です