逓減定期保険

様々な保険(生命保険)

逓減定期保険

(最終更新日:2017年10月27日)

逓減定期保険の特徴をみていきましょう。

逓減定期保険

逓減定期保険は、定期保険の一種で、いわゆる「掛捨て」の死亡保険です。

保障がだんだん減っていく

「逓減(ていげん)」とは、「次第に減る」という意味です。
期間経過に伴って保障額が減るのがこの保険の特徴です。
契約して間もなく万一のことが起こった場合、合計の受取額も多くなり、 残存期間が少なくなって万一のことが起こった場合、受取額の合計も少なくなるということがポイントです。

子どもがいる一家の大黒柱の必要保障額は、子供が小さいときほど高く、子供の成長と共に年々下がっていきます。 逓減定期保険は、そのような必要保障額の変化に合わせて保障を確保できます。

付加保険料とは

保険料が安くなる場合がある

収入保障保険は、保険料の割引が適用される場合があります。
割引が適用されるのは下記のような人で、一定の基準を満たす場合です。
(保険会社、保険商品によって基準が異なります)

・煙草を吸っていない
・健康状態、身体状態(BMI値など)がよい

一言でいうと、死亡リスクが低い人には安い保険料で加入ができるというものです。

逓減定期保険のポイント

・いわゆる「掛捨て」の死亡保険
・割安な保険料で死亡保障を確保できる
・保障がだんだん減っていく
・保険料が安くなる場合がある

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です