離婚したときの保険見直し

保険見直し

離婚したときの保険見直し

(最終更新日:2017年11月07日)

離婚をし、シングルマザー、シングルファーザーになると一家の収入をつくるのも、
子育てをするのも一手に引き受けることになります。
離婚をしたときの保険の見直しはどう考えればいいのでしょうか。

死亡保障が必要

自分(親)が死亡してしまった場合、子どもは遺族として残されることになります。
子どもは一人で生活できませんので、自分(親)が死亡してしまった場合の
生活費、教育資金を保険で備える必要があります。

病気やケガのリスクも考える

自分(親)が病気やケガになって入院や通院してしまった場合、医療費がかかります。
また入院、通院のため小さい子どもの場合、面倒を見られなくなるかもしれません。
子どもを預ける先があればいいですが、ない場合はベビーシッター代がかかることもあるでしょう。
さらに、病気やケガのために入院が長期になる、あるいは長期間働けなくなってしまった場合の
収入減少や生活費のリスクは非常に大きなものになります。

公的な助成制度を確認しよう

民間の保険で備えるだけでなく、公的な制度の確認もしましょう。
父子家庭や母子家庭の場合、国や地方自治体の助成制度がある場合があります。
住んでいる市区町村の窓口に相談をしましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です