同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料?

(最終更新日:2019年12月18日)

現代、保険は様々な窓口から加入することができます。
同じ保険商品はどこで加入しても同じ保険料なのでしょうか。

同じ保険商品であればどこから加入しても同じ保険料

保険商品は法律により値引き等が禁じられているので同じ保険商品であれば
どこから加入しても同じ保険料になります。
保険会社の営業パーソンから加入しても、保険代理店から加入しても保険料は同じなのです。

 

 

どこから加入するか

生命保険会社が破綻した場合、補償されるのは責任準備金の90%までが補償されます。

保険商品はどこで加入・契約しても保険料は変わらないので、
自分に合った加入窓口を選ぶことが大切になります。
ここでは保険の加入窓口を検討するうえでのポイントを見ていきましょう。
・相談するスタッフ(知識経験、人柄)
・相談場所(自宅に訪問してくれる/店舗にいく)
・取扱い保険会社数
・アフターフォロー

保険は加入してからも給付手続きや住所変更といったアフターフォローの必要な商品です。
ライフイベントがあれば保険の見直しも必要になります。
加入時だけでなく、その後も考えて自分に合った加入窓口を選びたいものです。
ほとんどの相談窓口が相談無料ですので相談してみて検討するのも良いでしょう。

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。