医療保険の入院日額給付金はいくらがいい?目安を元に解説します。

医療保険Q&A

医療保険の入院日額給付金はいくらがいい?目安を元に解説します。

実際に入院した時にかかる医療費はどれぐらいなのか、
医療保険に加入する時には、入院日額給付金はいくらに設定すればいいのかをみていきましょう。

入院した時の費用はいくらかかる?

健康保険が適用される費用

入院時の医療費は健康保険制度により、かかった医療費の3割が自己負担になります。(70歳未満の場合)
さらに高額療養費制度に該当する場合、1ヶ月あたりで約80,000円の自己負担に押さえられます。※
10日間の入院の場合、一日につき約8,000円、
30日間の入院の場合一日につき約2,700円の自己負担額ということになります。

 

健康保険適用外の費用

健康保険が適用にならない費用の1つは差額ベッド代です。
本人の希望や病状によっては、個室等の「特別料金」の発生する部屋で入院する事もあります。
さらに、病院備え付けのタオルやパジャマを使うための費用、 テレビカード購入等の雑費も健康保険は適用になりません。
その他に家族のお見舞いの交通費や、外食費なども増える可能性があります。
実際の医療費とその他かかる雑費を考えると、
入院一日につき、10,000円~15,000円くらいの自己負担額になる方が多いです。

※高額療養費制度:その月の1日から月末までにかかった医療費の自己負担額が一定の金額を超えた分が払い戻される制度
自己負担額=80,100円+(医療費-267,000円)×1%
上位所得者や低所得者、70歳以上の方は自己負担額が上記の例とは異なります。(厚生労働省HPより)

 

入院日額給付金の目安

医療費の自己負担額、健康保険が適用にならない費用の両方をカバーするという目的であれば、医療保険の入院日額給付金は10,000円/日を目安に検討するとよいでしょう。

 

自分に合った医療保険を

同じ10,000円/日の入院日額給付金を設定したとしても、保険会社によって様々な医療保険があり、自分にあった保険を選ぶことが重要です。
例えば、入院日数の制限や手術給付金の倍率について比較するとよいでしょう。
また、先進医療特約通院特約生活習慣病特約などの特約の保障をつけるかどうかも検討するとよいでしょう。

 

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です