定期保険と終身保険の違い

生命保険の基本

定期保険と終身保険の違い

(最終更新日:2017年09月19日)

定期保険と終身保険の違いをみていきましょう。

定期保険

定期保険は、保障が一定の期間内のみ有効な保険です。
保険料は基本的に「掛捨て」で、そのぶん保険料が割安になっています。
割安な保険料で比較的大きな保障を確保することができます。

 

終身保険

終身保険は、保障が一生涯続きます。このため、何歳で亡くなっても、保険金が支払われます。
保険期間の途中で解約した場合、解約返戻金を有効利用することができます。

 

定期保険と終身保険の比較

定期保険と終身保険の比較表

定期保険 終身保険
保障期間 一定期間 一生涯
貯蓄性 なし(あってもわずか) あり
保険料 掛け捨て

更新すると保険料が上がる

終身保険より割安

掛け捨てではない

解約返戻金がある

定期保険より割高

更新 あり なし

定期保険は一定期間、割安な保険料で大きな保障を確保することができる一方、終身保険は貯蓄もしながら一生涯の保障を確保することができます。

まとめると

・定期保険と終身保険の違いを理解して、自分に合った保険を選びましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です