医療保険の加入手続き

医療保険の加入

医療保険の加入手続き

(最終更新日:2017年09月12日)

医療保険の申込みから加入までの、基本的な手続きについて確認しておきましょう。(保険会社によって方法が異なる場合もあります。)

申込内容の確認

申込書に記入・捺印する前に、プラン内容を確認します。
契約概要・注意喚起情報・ご契約のしおり・約款の4つの書類を受取り、内容を理解する必要があります。

 

申込書等の記入

内容を理解し、申込みしたい医療保険が確定したら、申込手続きを行います。基本的には下記の4種類の書類に記入・押印を行います。

•申込書
•意向確認書
•告知書
•口座振替依頼書またはクレジットカード払申込書

 

特に注意が必要なのが告知書です。告知書は被保険者の健康状態を記入する書類です。必ず被保険者自身が事実を記入し、保険会社へ健康状態を伝える必要があります。告知書の内容が事実と異なると、保険契約が解除になったり、給付金を受け取れなくなる可能性があります。

 

初回保険料の払い込み

初回保険料の払い込みをします。クレジットカード払いの場合は、初回保険料からクレジットカードによる支払いとなるので、初回保険料の振込みは不要です。

 

審査~契約成立

申込書等を記入・捺印し、初回の保険料を支払えば、あとは引き受け可能かどうかの審査結果を待つことになります。申込みから1~2週間程度で結果がわかりますが、不備等があれば追加の書類のやり取りが必要になりますので時間がかかります。
引受可能の場合は、保険証券(郵送が一般的)を受け取って加入手続きの完了となります。
被保険者の健康状態等によっては、「特別条件付き引受(部位不担保等)」や「引受延期(または謝絶)」の場合もあります。

 

ここでは医療保険加入手続きの一般的な内容を説明しましたが、ネット上で加入手続きが全て行えるような保険会社もあります。詳しくは加入手続きをする保険会社や保険募集人に確認して下さい。

まとめると

・申込前に改めてプランの確認をして内容を理解することが大切です。
・告知書は、被保険者自身が健康状態に関しての事実を記入する必要があります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です