医療保険に通院特約は必要?近年の平均入院日数は短期化傾向?

医療保険Q&A

医療保険に通院特約は必要?近年の平均入院日数は短期化傾向?

入院日数の短期化の傾向がある中、通院による治療へのシフトが進んでいます。医療保険に通院特約は必要なのでしょうか。

通院特約とは

通院特約とは、入院を伴う治療を受け、退院後も同じ病気の治療のため通院した場合、その日数分に応じて通院給付金が支給される特約です。入院前の通院も保障対象としている特約もあります。

 

 

平均入院日数は短期化傾向

平均在院日数の推移

(出典)厚生労働省 平成2年~平成23年「患者調査」

※平成23年は宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値

 

厚生労働省が3年ごとに調査している「患者調査」によると、病気やケガで入院した時の平均在院(入院)日数は、短期化傾向にあります。平均在院日数は年々短くなっており、平成2年の44.9日と比較した場合、21年間で12.1日も短縮しており、平成23年は32.8日となっています。

これは、政府による医療費抑制政策にも一因があります。国は病院が長期入院患者を抱えるほど、受け取る診療報酬を少なくなる仕組みにしています。病院側は経営を成り立たせるために長期入院を抑制せざるを得ない状況があるのです。

 

 

入院した8割以上の人が入院後に通院による治療を受けている

一方、入院後に通院治療を受けた割合を見てみると、実に8割以上の方が入院後に通院による治療を受けていることがわかります。

入院後の通院受療率

(出典)厚生労働省 平成23年「患者調査」

※通院には在宅医療(往診)も含む

※総数から「他の病院・診療所への転院」を除いて割合を算出

 

 

通院特約は保険料とのバランスを見て

近年、入院は短期化の傾向にありますので、通院の備えの必要性は高まっていると言えるでしょう。

ただし、通院特約を付加すればそれだけ保険料も高くなります。通院特約の有無は保険料とのバランスをみて検討しましょう。

まとめると

・平均入院日数は短期化の傾向にあり、入院した人の8割の人が通院による治療を行っています。
・通院特約の有無は保険料とのバランスをみて検討しましょう。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です