がん保険の保障 手術給付金

がん保険の基本

がん保険の保障 手術給付金

(最終更新日:2017年09月08日)

がん保険の基本的な保障である、手術給付金について詳しくみていきましょう。

がん手術給付金

「がん手術給付金」とは、がん(悪性新生物)の治療を目的として保険会社所定の手術をした時に受け取れる給付金です。

 

がん手術給付金の金額

がん手術給付金の金額は、手術の種類に応じて、がん入院給付金日額の10・20・40倍に設定されている場合が多いです。
例えば、入院給付金日額が1万円だと、「がん手術給付金」は1回あたり10・20・40万円になります。
一方、給付金の額を一律20倍(入院給付金日額が1万円の場合20万円)にしているがん保険もあります。

まとめると

・がん手術給付金はがん入院給付金日額に対し、10・20・40倍に設定されているものと、一律20倍に設定されているものとがあります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です