どんな場合に保険相談したほうがいいの?

目次

保険相談をするタイミングとは?

生命保険や損害保険は様々なリスクに対して経済的なカバーをするための金融商品です。生命保険や損害保険を検討し加入するタイミングはライフイベント(結婚・出産・転職・退職など)が発生したタイミングなどを中心に人生において数多くあります。

保険を検討し加入する場合、保険の考え方や保険商品の知識がわからないことが多く、保険のプロに相談をする場合がほとんどです。

では、どんな場合に保険相談をしたほうがいいのでしょうか?

 

ライフイベントが発生した

結婚した

万一の際、残された家族(配偶者)の生活を守るため、夫婦双方の生命保険(死亡保障)を見直す必要があります。共働きかどうかによって必要な保障額(生命保険の保険金額)が変わってきます。

 

子どもが生まれた

万一の際、残された家族の生活を守るため、夫婦双方の生命保険(死亡保障)を見直す必要があります。子どもの人数や子どもの教育プランによって必要な保障額(生命保険の保険金額)が変わってきます。

万が一のことがあったとしても子どもの教育プランを守るため、家族全体の資金計画についても相談しましょう。

 

子どもの教育資金を準備するために条件の良い学資保険に入りたい。

子どもの教育プランを踏まえ、必要な金額を積み立てながら、万が一のことがあったとしても教育資金が確保できるような保険を検討しましょう。

 

家を購入した

火災保険を検討しましょう。不動産の会社の紹介で火災保険に加入することができますが、複数の保険会社を比較することで同様の補償で保険料を安くできる可能性があるので、可能であれば保険相談しましょう。

 

自動車を購入した

自動車保険を検討しましょう。自動車ディーラーの紹介で自動車保険に加入することができますが、複数の保険会社を比較することで同様の補償で保険料を安くできる可能性があるので、可能であれば保険相談しましょう。

またネットで加入できる自動車保険もあります。

 

子どもが独立した

子供が独立して自ら稼ぐことができるようになれば、それまでの保障の必要性は低くなります。夫婦双方の生命保険(死亡保障)を見直しましょう。

 

配偶者が仕事を辞めた

万一の際、残された家族(配偶者)の生活を守るため、夫婦双方の生命保険(死亡保障)を見直す必要があります。

 

離婚した

万一の際の必要な保険金額が変わるため、生命保険の見直しをしましょう。

 

転職した

収入額や福利厚生制度、年金制度が変わる場合(会社員から自営業など)、必要な保険や老後資金の金額も変わる可能性がありますので保険の見直しをしましょう。

 

退職した

収入がある前提で加入している保険が不要になる場合がありますので、保険の見直しをしましょう。

 

家族が亡くなった(相続が発生した)

加入中の保険から給付を受けられる可能性があります。加入中の保険の保険会社や保険代理店に確認、相談しましょう。

また、保険の見直しの必要性がでてくるかもしれません。

 

 

現状に対して不安・不満がある

1つの保険会社の商品だけでなく、他の保険会社の商品も確認してみたい。

保険会社を比較してみましょう。保険会社を比較することで、同様の保障でも保険料を安い商品や、同様の保険料で充実した保障の商品を見つけられる可能性があります。

複数の保険会社を取り扱う保険代理店(保険ショップや訪問型保険代理店)であればひとつの窓口で保険会社を比較、相談できます。

 

以前に言われるがままに契約したけれど本当にこれでいいのかな?

契約から期間が経っている場合、最新の保険と比較してみましょう。

併せて、保険会社を比較してみましょう。保険会社を比較することで、同様の保障でも保険料を安い商品や、同様の保険料で充実した保障の商品を見つけられる可能性があります。

複数の保険会社を取り扱う保険代理店(保険ショップや訪問型保険代理店)であればひとつの窓口で保険会社を比較、相談できます。

 

保険料が高すぎる気がする、保険料の支払いが厳しいので解約・見直ししたい

まずは加入中の保険の保険会社や保険代理店に確認、相談しましょう。

保険会社を比較することで、同様の保障でも保険料を安い商品を見つけられる可能性があります。

 

保険に限らず家計全体の見直しをやりたい

保険も含めて家計全体の見直しをしたい場合には保険を扱っているだけでなくファイナンシャルプランナー(FP)の資格をもつプランナーに相談しましょう。

 

 

将来に対して不安がある

自分にもしものことがあった時が気になった

万が一(死亡時)にどのような経済的なリスクがあるのかを洗い出す必要があります。生命保険(死亡保障)を見直し、相談しましょう。

 

知り合いが病気やケガで入院して自分も不安を感じる

基本的には医療保険を検討することになりますが、心配な病気によってはがん保険や三大疾病保険も検討対象になります。

 

貯金だけではお金は増えないし、資産運用のことを考え始めている

近年の銀行預金金利の水準では、銀行預金だけではお金を増やすのは難しいですね。資産運用とは保険に限らず様々な金融商品を活用することができます。保険だけでなく、金融商品全般に詳しいプランナーに相談するとよいでしょう。

 

投資信託や仮想通貨、外貨建て保険など自分に合った資産形成の方法を知りたい

資産形成のためには、保険も含めた様々な金融商品の中から選択する必要があります。保険だけでなく、金融商品全般に詳しいプランナーに相談するとよいでしょう。

 

老後に向けて公的年金だけではお金に不安がある

老後に向けた資金準備のためには、保険も含めた様々な金融商品の中から複数運用することが効果的です。様々な金融商品の中で、保険は節税メリットがあり資産形成効果が高い商品のひとつです。保険だけでなく、金融商品全般に詳しいプランナーに相談するとよいでしょう。

 

相続で揉めないか心配・相続対策を考えたい

死亡保険金は受取人固有の財産として確実に受取人の手元に渡るため、相続対策として有効です。また、生命保険には相続税の非課税枠があるため、相続対策として有効です。保険だけでなく、相続に詳しいプランナーに相談するとよいでしょう。

 

漠然とした将来への不安がある

漠然とした将来への不安は誰にでもあるものです。

実は、保険相談をされる方には「漠然とした不安」「なんとなく不安」といったケースも多いです。

保険のプロまず相談者の現在の状況を丁寧にヒアリングし、家計診断を行った上で、必要性の高い保険、低い保険のアドバイスを行います。

分析の結果、今の状況で問題ないことがわかる場合もあります。

相談を通じて安心を手に入れることも一つの手段です。

 

 

保険相談をおすすめしないケース

保険に関する一定以上の知識を持った上で、ネットで保険を検討加入したい人は対面の保険相談の必要性は低いと言えます。

近年はネット専業の保険会社も出てきています。ネット専用商品は保険料が比較的安いものやシンプルな商品性などの強みがあります。

ただ、対面相談専用の保険商品も多数ありますので、より幅広い選択肢の中から比較検討したい場合には保険相談をしたほうがよいでしょう。

 

 

気になった時に早めに保険相談する

生命保険は契約する年齢が上がるほど保険料も上がる仕組みです。

「気になっているがそのままで年齢が上がってしまった」ということはよくあります。

漠然とした不安や疑問のある状態のまま、保険料を払い続けたり、加入しようかなと思いつつ時間を経過させてしまうことは得策とは言えません。

保険に加入するかしないかは関係なく、「気になった時に早めに相談する」ことが大事です。

 

 

保険のプロを賢く活用する

保険代理店(保険ショップや訪問型保険代理店)は、複数の保険会社の商品を取り扱っています。そのため、同一の保障内容で複数の保険会社の商品比較が可能です。

ご自身で保険の比較や検討をすることは可能ですが、時間がかかり、また内容を誤って理解してしまう可能性もあります。

また、保険の専門家ならではの視点を得るために相談する、ということも保険相談の活用法のひとつです。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

セミナー実績:毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナー など多数

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です