男女別・部位別のがん罹患数と5年生存率を解説します。

(最終更新日:2020年03月13日)

部位別のがん罹患数

2013年の部位別のがん罹患数は、男性で合計499,134例、女性は363,732例となっています。

部位別では

男性は胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がんの順で多く、

女性では、乳がん、大腸がん、胃がん、肺がん、子宮がんの順となっています。

 

部位別のがん罹患数(2013年)

(出典)国立がん研究センター がん情報サービス

部位別の5年生存率

5年生存率は初期のがんほど高くなっています。早期にがんを発見し、治療することにより、がんによる死亡リスクを軽減することができると言えます。

 

がんの部位別5年実測生存率 

部位 臨床病期(ステージ)
全がん 84.7 75.8 47.6 18.1 62.5
食道 75.9 45.6 23.7 10.6 37.9
86.7 58.9 42.0 6.5 65.2
大腸 89.1 80.8 73.7 16.6 68.3
肝臓 50.4 34.3 13.9 3.6 30.9
肺・気管 73.9 42.3 19.7 4.4 39.1
乳房 96.8 92.4 77.0 31.6 90.1
子宮頚部 90.7 74.2 54.1 20.8 72.7
子宮体部 91.9 88.0 63.8 17.8 82.2
前立腺 92.1 93.1 85.7 51.1 86.2

(出典)がん研究振興財団「がんの統計15」

全がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2004~2007年診断例)

 

 

いざというときのためのがん保険

がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。

保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることができます。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧