保険会社の健全性指標(ソルベンシー・マージン比率、格付け)

保険のきほん

保険会社の健全性指標(ソルベンシー・マージン比率、格付け)

保険の検討する際に、きちんと保険金が支払われるのかという「保険会社の健全性」も重要になってきます。
保険会社の健全性を見る上で様々な指標がありますが、ここでは代表的な2つの指標を紹介します。

ソルベンシー・マージン比率

ソルベンシー・マージン比率は保険会社の支払余力を示す指標です。
通常では予測不可能な大規模な損害が発生した場合にも、保険会社はその損害に対して保障をする必要があります。
この、通常の予測を超えたリスクに対応する余力を示したものがソルベンシー・マージン比率です。

 

この数値が200%を下回った場合、原則として金融庁から何らかの監督上の措置(早期是正措置)が
とられることとなっています。

 

 

格付け

生命保険会社の「保険財務力」や「保険金支払能力」をわかりやすく表示したのが生命保険会社の格付けです。
生命保険会社の格付けは、複数の格付け機関が独自の調査に基づいて発表しています。
「スタンダード&プアーズ」や「ムーディーズ」などが代表的な格付け機関です。
AA+やBB-といったアルファベットで表現されており、保険会社を選ぶ際の指標として活用することができます。

 

ソルベンシー・マージン比率や格付けは各保険会社のホームページ等で確認ができます。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

セミナー実績:毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナー など多数

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です