【自動車保険】無保険車傷害とは?

(最終更新日:2020年06月30日)

自動車保険の無保険車傷害とはどのようなものか、無保険車状態とはどのようなことかをみていきましょう。

自動車保険の無保険車傷害とは

事故により死亡、後遺障害になった場合に、相手が無保険車である、または保険に加入していても十分な補償がない場合に補償されるものです。
また、無保険車傷害では、けがの場合は補償されません。
無保険車傷害の保険金額は、自分が加入している対人賠償の保険金額の範囲内で支払われます。
対人賠償の保険金額が無制限で設定されている場合は、2億円が支払い限度額になります。

 

 

自動車保険の無保険車状態とは

無保険車とは以下のような状態をいいます。
・自賠責保険が切れている場合
・対人賠償に入っていない場合
・対人賠償には入っているが、相手の対人賠償の設定保険金額が実際の損害額より低い場合
・ひき逃げや当て逃げされて相手が分からない場合
・運転者している人の年齢条件などが契約内容に沿っておらず保険が適用されない場合

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧