【自動車保険】無保険車傷害とは?

自動車保険の基本

【自動車保険】無保険車傷害とは?

自動車保険の無保険車傷害とはどのようなものか、無保険車状態とはどのようなことかをみていきましょう。

自動車保険の無保険車傷害とは

事故により死亡、後遺障害になった場合に、相手が無保険車である、または保険に加入していても十分な補償がない場合に補償されるものです。
また、無保険車傷害では、けがの場合は補償されません。
無保険車傷害の保険金額は、自分が加入している対人賠償の保険金額の範囲内で支払われます。
対人賠償の保険金額が無制限で設定されている場合は、2億円が支払い限度額になります。

 

 

自動車保険の無保険車状態とは

無保険車とは以下のような状態をいいます。
・自賠責保険が切れている場合
・対人賠償に入っていない場合
・対人賠償には入っているが、相手の対人賠償の設定保険金額が実際の損害額より低い場合
・ひき逃げや当て逃げされて相手が分からない場合
・運転者している人の年齢条件などが契約内容に沿っておらず保険が適用されない場合

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です