医療保険のボーナス付きタイプとは?メリット・デメリットを解説します。

(最終更新日:2019年12月18日)

ボーナス付きの医療保険とはどのようなものか、どんなメリット・デメリットがあるのかを合わせてみていきましょう。

ボーナス付き医療保険とは

特定の条件を満たした時に、保険料の一部を給付金として受け取ることができます。
ボーナス付きの医療保険にはいくつか種類があります。主な種類をあげてみます。
・一定期間、生存していれば○○万円などの保険料の一部が戻ってくるもの。
期間中に手術・入院給付金を受け取った場合でも受け取れます。
・一定期間、手術・入院給付金を受け取らなかった場合に、○○万円などの保険料の一部が戻ってくるもの。

ボーナス付き保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
手術や入院などをしていなくてもボーナスが受け取れる。 ボーナスを受け取ることができる分、保険料は割高。

自分のライフプランに必要な保険選びをしましょう

同じ補償内容で、ボーナス付きでないタイプの保険では、一般的に保険料は割安です。
ボーナス付きタイプの保険は、ボーナスが付いている分、保険料を上乗せしています。
保険料を多く払ってボーナスを受け取るよりも、
他の方法でその分上乗せ分の保険料を運用していく方がよいと思われる方もいるかもしれません。
自身のライフプランや、貯蓄の方法なども考えたうえで、どのようなタイプの保険が必要なのか検討するといいかもしれません。

この記事のURLとタイトルをコピーする

記事カテゴリ一覧