通院や在宅療養のための医療保険はある?

医療保険Q&A

通院や在宅療養のための医療保険はある?

(最終更新日:2017年11月07日)

通院のみの場合や、在宅療養のための医療保険はあるのか、医療保険で給付金がでる場合を合わせてみていきましょう。

医療保険で給付金がでる場合

医療保険は、基本的に、病気やケガで入院した時に保障するものす。
医療保険には、入院給付金と手術給付金があります。
入院給付金は、1入院の限度日数が決められています。
そして、入院1日(日額)につき5,000円や1万円といった給付金があります。
手術給付金は、手術した際に、手術の種類に応じて、
日額の10倍、20倍、40倍の給付金が出るものがほとんどです。
そして、今回のテーマである、通院や在宅療養については、以下の給付金が考えられます。
通院給付金は、特約で付ける事ができるものがあります。
ですが、入院が前提になっており、全く入院しないで通院だけの場合は給付対象にはなりません。
また、在宅療養費の保障の1つとして、退院給付金をあてることもできます。
退院給付金は、一時金で受け取れ、特約で付加することができるものがあります。

医療保険の給付は入院が前提

上記の項目でもある通り、医療保険の給付は、入院が前提になります。
ということは、通院や在宅療養だけでは、保障される医療保険はないということです。
この場合の保障を考えるには、預貯金や健康保険、会社の福利厚生制度などを活用すると共に、
医療保険の加入を考えるといいのではないでしょうか。

ガン保険の保障も入院が前提

ちなみに、医療保険だけでなくガン保険でも、入院が給付の前提となります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です