集団扱い

「し」ではじまる保険用語

集団扱い

集団扱いとは、保険料の払込経路のひとつであり、「団体扱い」とも呼ばれ、保険料が勤務している団体(会社など)の給与から天引きされ、生命保険会社に支払われる方法をいいます。

そのほかに、保険料の払込経路には、口座振替扱い、送金扱い、集金扱いなどがあります。
一般的に、集金扱い>送金扱い>口座振替扱い>集団扱い(団体扱い)の順番で保険料が安くなります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です