生前贈与を活用した相続対策【2.配偶者控除の活用】

相続対策

生前贈与を活用した相続対策【2.配偶者控除の活用】

簡単3ステップ!老後資金シミュレーションページへのバナー,保険相談サロンFLP

相続対策とは

一般的に相続対策とは、

・被相続人の意思に沿った相続を実行するとともに、残された家族がもめることを防ぐ

・相続税ができるだけかからないようにする

・納税資金を確保する

ために生前に準備しておくことをいいます。

 

相続対策には大きく分けて(1)遺産分割対策、(2)相続財産の評価額を下げる対策、(3)相続税納税対策の3つがあります。

 

ここでは、(2)相続財産の評価額を下げる対策 として生前贈与を活用する方法を紹介します。生前に財産を贈与することで、相続時の遺産総額が少なくなり、相続税の軽減につながります。

 

 

贈与税の配偶者控除を活用する

贈与税の配偶者控除とは、配偶者から居住用の不動産、又は、これを購入するための資金を贈与されたときに、最高2,000万円までが贈与税の課税価格から控除されます。

その分相続財産を減らすことができるので相続税の節税につながります。

 

 

贈与税の配偶者控除の適用要件

・婚姻期間が20年以上であること

・今までに贈与税の配偶者控除を受けていないこと(同一夫婦間で1度だけ)

・贈与財産は、①居住用不動産②居住用不動産の取得資金のいずれかであること

・贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与された(又は取得した)居住用不動産を居住の用に供し、その後も引き続き居住する見込であること

・贈与税の申告をすること

 

 

贈与税の配偶者控除の注意点

贈与税の配偶者控除を活用するうえでの注意点は必ず申告が必要ということです。

贈与税の配偶者控除の適用により納付税額がゼロとなる場合であっても、申告書の提出が必要になるので注意が必要です。

 

 

専門家に相談しよう

この制度を活用の際には専門家に相談するとよいでしょう。

保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

あんしん相続サポートの詳細はこちら

 

 

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です