チルメル式責任準備金

「ち」ではじまる保険用語

チルメル式責任準備金

チルメル式責任準備金とは、ドイツ人のチルメルが考案した責任準備金の積立方式です。
契約初年度の生命保険会社の事業費は、営業職員・代理店への報酬、保険証券の作成費用、医師への診査手数料などの経費の支払いのため多額になるのが一般的です。
そのため事業費を初年度に厚くし、初年度以降一定の期間(5~10年)で償却すると想定して、責任準備金を計算するという方法です。
これは平準純保険料式責任準備金の積立方法における、新契約費の問題点を克服するために考案されたものです。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です