生命保険の満期保険金は所得税もしくは贈与税の対象

(最終更新日:2019年12月18日)

生命保険の満期保険金には税金がかかることをご存知ですか?
ここでは、生命保険の満期保険金と税金について紹介します。

満期保険金のある生命保険

生命保険の中には満期保険金のあるものがあります。「養老保険」や「学資保険」がそれにあたります。

 

 

契約者と受取人の関係によって税金の扱いが変わる

満期保険金の税金の扱いは、「契約者と受取人が同一かどうか」によって変わります。
契約者と受取人が同一の場合は所得税、契約者と受取人が同一でない場合は贈与税の対象になります。

 

満期保険金にかかる税金

契約形態契約例税金の種類
契約者被保険者受取人
契約者=受取人所得税
契約者≠受取人贈与税

通常、贈与税よりも一時所得の方が税金の負担が軽減されますので、よほどの理由がない限り、所得税の対象となるように「契約者=受取人」という契約形態にしましょう。

まとめると

・満期保険金の税金の扱いは、「契約者と受取人が同一かどうか」によって変わります。
・贈与税よりも一時所得の方が税金の負担が軽減されますので、よほどの理由がない限り、所得税の対象となるように「契約者=受取人」という契約形態にしましょう。

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。