生命保険の満期保険金と税金

生命保険と税金

生命保険の満期保険金と税金

(最終更新日:2017年10月12日)

生命保険の満期保険金には税金がかかることをご存知ですか?
ここでは、生命保険の満期保険金と税金について紹介します。

満期保険金のある生命保険

生命保険の中には満期保険金のあるものがあります。「養老保険」や「学資保険」がそれにあたります。

 

契約者と受取人の関係によって税金の扱いが変わる

満期保険金の税金の扱いは、「契約者と受取人が同一かどうか」によって変わります。
契約者と受取人が同一の場合は所得税、契約者と受取人が同一でない場合は贈与税の対象になります。

満期保険金にかかる税金

契約形態 契約例 税金の種類
契約者 被保険者 受取人
契約者=受取人 所得税
契約者≠受取人 贈与税

通常、贈与税よりも一時所得の方が税金の負担が軽減されますので、よほどの理由がない限り、所得税の対象となるように「契約者=受取人」という契約形態にしましょう。

まとめると

・満期保険金の税金の扱いは、「契約者と受取人が同一かどうか」によって変わります。
・贈与税よりも一時所得の方が税金の負担が軽減されますので、よほどの理由がない限り、所得税の対象となるように「契約者=受取人」という契約形態にしましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です