医療保険で入院給付金の対象にならない入院はあるの?

(最終更新日:2019年12月18日)

入院をした場合に給付金の対象とならない入院はあるか、
給付金の対象になるかはどう判断すればいいのかを合わせてみていきましょう。

入院給付金の対象にならない入院

通常、入院給付金の対象となるのは「治療目的の入院」に限ります。
入院給付金の対象外と想定される入院は、以下の2つが考えられます。
・検査目的の入院である「検査入院」
・糖尿病などで食事療法などを指導する「教育入院」

入院給付金の対象になるかはどのように判断するの?

保険会社に入院給付金の請求をする際には、保険会社の所定の診断書を提出します。
その診断書に記載された内容を、保険会社が確認したうえで治療目的かどうか、
給付金の支払い対象になるのかならないのかを判断をします。
また、教育入院でも治療行為が行われる場合もあり、その入院は給付対象になる場合もあります。
入院する時は、保険会社に事前に確認相談するといいかもしれませんね。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧