医療保険で入院給付金の対象にならない入院はあるの?

医療保険Q&A

医療保険で入院給付金の対象にならない入院はあるの?

入院をした場合に給付金の対象とならない入院はあるか、
給付金の対象になるかはどう判断すればいいのかを合わせてみていきましょう。

入院給付金の対象にならない入院

通常、入院給付金の対象となるのは「治療目的の入院」に限ります。
入院給付金の対象外と想定される入院は、以下の2つが考えられます。
・検査目的の入院である「検査入院」
・糖尿病などで食事療法などを指導する「教育入院」

入院給付金の対象になるかはどのように判断するの?

保険会社に入院給付金の請求をする際には、保険会社の所定の診断書を提出します。
その診断書に記載された内容を、保険会社が確認したうえで治療目的かどうか、
給付金の支払い対象になるのかならないのかを判断をします。
また、教育入院でも治療行為が行われる場合もあり、その入院は給付対象になる場合もあります。
入院する時は、保険会社に事前に確認相談するといいかもしれませんね。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です