重複保険

(最終更新日:2017年10月06日)

重複保険とは、損害保険において、複数の保険契約の保険金額の合計額が、再調達価額または時価を超過する場合をいいます。(超過保険)
重複保険を締結した場合、保険事故が発生すると必要保障額以上の保険金を受け取ることになり、保険の趣旨に反しており、不当な目的で保険に加入する者が多くなります。
そこで、重複保険として複数の保険契約をする場合には、保険会社への通知が義務となっており、保険会社間で保険金を減額する、契約ができないようにすることなどが行われることがあります。

記事カテゴリ一覧