公的介護保険対象外の介護施設の場合、介護施設の費用はいくらかかる?

介護に関する基礎知識

公的介護保険対象外の介護施設の場合、介護施設の費用はいくらかかる?

公的介護保険の施設サービス対象外の介護施設に入所した場合、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

介護施設に入所した場合にかかる費用

公的介護保険の施設サービス対象外の介護施設に入所するには、入居時に必要な(1)初期費用と、(2)~(5)の月額費用が必要になります。

(1)初期費用
(2)介護サービス費
(3)食費
(4)居住費
(5)その他費用(理美容費、日用品費、教養娯楽費、洗濯費、管理費等)

 

 

介護施設に入所した場合にかかる費用の目安

公的介護保険の施設サービス対象外の介護施設に入所した場合の費用を、施設の種類ごとに紹介します。

※入所する施設によって費用は大きく異なりますので、あくまで目安とお考えください。

 

介護施設に入所した場合にかかる費用の目安

施設名初期費用月額費用
介護サービス費食費・居住費など
有料老人ホーム0~数千万円1~3万円10~30万円
サービス付き高齢者向け住宅0~数百万円1~3万円10~30万円
シニア向け分譲マンション数千万~数億円10~30万円
グループホーム0~数百万円2~3万円10~30万円
軽費老人ホーム(A型/B型)数十万円5~20万円
ケアハウス数十万~数百万円1~3万円5~20万円

 

公的介護保険対象の介護施設と大きく違うのは「初期費用」があることです。

費用は運営主体やサービス内容、地域などによってさまざまですが、一般的には公的介護保険対象の介護施設に比べ、有料老人ホームなどの民間の介護施設の方が費用の負担は大きくなるでしょう。

 

 

介護による経済的なリスクをカバーする民間の介護保険

公的介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスや、1ヶ月あたりの支給限度額が定められており、支給限度額の1割が自己負担額となります。

また、限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。

 

こういった、介護が必要になった際の経済的なリスクをカバーするのが民間の介護保険です。

保険相談サロンFLPでは、無料で何度でも介護保険の相談をすることができます。

まとめると

・公的介護保険の施設サービス対象外の介護施設に入所するには、入居時に必要な初期費用と、食費・居住費などの月額費用が必要になります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です