価格変動準備金

「か」ではじまる保険用語

価格変動準備金

保険会社では、価格変動により損失が発生する可能性が高い資産
(国内株式、外国株式、邦貨建債券、外貨建債券・預金・貸付金など)について、
その資産ごとに定められた積立基準により、積立限度額に達するまで価格変動準備金として
積み立てることが、保険業法により義務づけられています。
その資金のことを価格変動準備金といいます。
価格変動準備金は、積み立て対象資産の売買・評価換えなどによる損失が
利益を上回る場合にその損失をてん補するために取り崩すことができます
(行政の認可を受けてそれ以外の場合に取り崩すこともできます)。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です