基礎工事

「き」ではじまる保険用語

基礎工事

基礎工事とは、建築の土台となる部分の工事のことをいいます。
戸建て住宅の場合、地縄を張り、基礎の形に合わせて地面を掘り、
底に割栗石(地盤をつなぐための砕石)などを敷きコンクリートを打っていきます。
基礎には逆T字型のコンクリートを打つ「布基礎」や地盤全体にコンクリートを打つ「ベタ基礎」があります。
最近は、床下の防湿対策を兼ねて、ベタ基礎が最も多く採用されているようです。
また、地盤の弱い土地にはベタ基礎が向いています。
コンクリートと鉄筋を使用し、その基礎幅や、立ち上り等の最低寸法は法律で定められております。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です