共同保険(契約)

「き」ではじまる保険用語

共同保険(契約)

共同保険(契約)とは、一つの損害保険契約を複数の保険会社が分担して共同で引き受ける契約形態のことをいいます。

共同保険契約を締結した場合、幹事保険会社がほかの引受保険会社の代理や代行をすることになります。
引受保険会社では保険証券や保険料明細書記載された引受割合に基づいて、
連帯することなく単独で保険契約上の責任を負うことになります。
共同保険(契約)は、単独の保険会社では引き受けすることのできない大きなリスクの分散や、
それぞれの保険会社が抱えているリスクを平均化するために利用されます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です