区分経理

「く」ではじまる保険用語

区分経理

区分経理とは、事業分野や商品ごとに資産を区分けして管理・運用することをいいます。
従来、生命保険会社では個人保険や個人年金などを一般勘定にまとめて運用していました。
しかし、保険商品ごとに運用成果の還元方法が異なることと、経理処理の不明朗性について批判があったことにより、区分経理を導入する必要性が指摘されており、1996年(平成8年)の保険業法の改正により、区分経理が導入されることとなりました。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です