三要素式利源別配当方式

「さ」ではじまる保険用語

三要素式利源別配当方式

生命保険で配当金の元となる余剰金は、3つの収益から生じます。
予定していた利率より実際の利回りがよかった場合の利益が利差益、予定死亡率より実際の死亡数が下回った場合の利益が死差益、予定事業費率(予定していた事業にかかわる経費の率)より実際にかかった経費が少なかった場合の利益が費差益といいます。
この3つの利益から余剰金が生じ、その余剰金をもとに配当金を配分することを、三要素式利源別配当方式といいます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です