実損填補(実損填補方式)

「し」ではじまる保険用語

実損填補(実損填補方式)

実損填補(実損填補方式)とは、実損払いともいい、損害保険の契約における保険会社が保険金を支払う方式のひとつで、契約によって定められた保険金額を上限として、実際の損害額が保険金として支払われるものをいいます。
例えば、損害額が10万円という場合は10万円、100万円という場合には100万円の保険金が支払われます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です