大数の法則

「た」ではじまる保険用語

大数の法則

大数の法則とは、「ある独立試行に関して、試行回数を増やすほどに、理論的確率が示唆する結果に限りなく近づく」という法則のことです。
サイコロのを例にとると、転がしてみると色々な数字がランダムに出てくるように感じますが、何万回、何百万回と繰り返すと、1から6までの目はほぼまんべんなく同じ確率で出てくるという事象が観察されます。
人間の生死においても同じことが言え、万が一に備える仕組みとしての生命保険が理論的確率の上に成り立つという根本の原則の一つです。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です