保険料即収の原則

「ほ」ではじまる保険用語

保険料即収の原則

(最終更新日:2017年10月11日)

保険料即収の原則とは、保険契約においては契約締結と同時に、保険料の全額について領収しなければならないことをいいます。
ただし、保険料分割払契約などの約定がある場合には、保険料即収の原則は適用されません。

保険料が支払われないうちに事故などが起きた場合、保険会社では対処することは難しく、さらに、保険料の徴収漏れが生じた契約について危険負担を行うと、他の契約者の利益が損なわれることになる、といったことからこの原則が適用されます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です