保険相談する4つの方法 メリット・デメリットを比較

(最終更新日:2020年11月17日)

保険を相談するというと、あなたが思い浮かべるのはどのような形でしょうか。

本記事では、保険相談する主な4つ方法「保険会社(保険会社職員)」「保険ショップ(来店型保険代理店)」「訪問型保険代理店」「独立系ファイナンシャルプランナー」のメリット・デメリットについて比較、解説します。

YouTubeで解説しています

【比較】4種の保険相談窓口どれを選ぶ?メリットとデメリットを比較解説!

保険相談する4つの方法の比較

保険会社(保険会社職員) 保険ショップ(来店型保険代理店) 訪問型保険代理店 独立系ファイナンシャルプランナー
相談料 原則無料 原則無料 原則無料 有料の場合がある
相談場所 職場や自宅、カフェなど 保険ショップ 職場や自宅、カフェなど 職場や自宅、カフェなど
見積り申込み可能な保険会社数 1社 複数社 複数社 見積り申込みは不可

 

 

 

保険会社(保険会社職員)に保険相談する

保険相談のパターンとしては最も多いパターンです。

保険会社に所属する営業プランナーの方に自宅や職場などで保険相談をすることができます。

 

保険会社(保険会社職員)に保険相談するメリット

・職場や自宅、カフェなど、場所を問わず相談することができる

・相談料がかからない(原則無料)

 

保険会社(保険会社職員)に保険相談するデメリット

・1社の商品しか選べないため、他社商品との比較ができない

見積もりや提案を受けることができるのは営業プランナーが所属する保険会社の商品だけです。複数の保険会社の比較をするには複数の保険会社の営業プランナーに相談する必要があります。

 

 

 

保険ショップ(来店型保険代理店)に保険相談する

近年保険ショップが増えてきました。ショッピンセンターの中に出店しているショップも増えており、買い物ついでに保険相談ができるようになりました。

多くの保険ショップは複数の保険会社の取扱いが可能です。

 

保険ショップ(来店型保険代理店)に保険相談するメリット

・相談料がかからない(原則無料)

・商業施設等にあるショップの場合、気軽に行くことができる

・複数の保険会社の中から比較して保険を選べる

保険ショップ(来店型保険代理店)の多くは複数の保険会社の商品を取り扱うことができるので、ひとつの窓口で複数の保険会社の商品を見積もり・比較することができます。

 

 

保険ショップ(来店型保険代理店)に保険相談するデメリット

・複数の保険会社の比較が煩雑になる場合がある

保険ショップの中には40社を超える保険会社の取扱が可能なショップもあります。例えば、医療保険ひとつとっても数十の取扱保険会社があるため、商品比較が煩雑になる可能性があります。要望に応じてある程度絞り込んで提案してくれる保険ショップも増えています。

 

 

 

訪問型保険代理店に保険相談する

複数の保険会社の取扱いが可能な保険代理店に所属する保険プランナーが自宅や職場などに来てくれて保険相談をすることができます。

 

訪問型保険代理店に保険相談するメリット

・相談料がかからない(原則無料)

・職場や自宅、カフェなど、場所を問わず相談することができる

・複数の保険会社の中から比較して保険を選べる

訪問型保険代理店の多くは複数の保険会社の商品を取り扱うことができるので、ひとつの窓口で複数の保険会社の商品を見積もり・比較することができます。

 

 

訪問型保険代理店に保険相談するデメリット

・複数の保険会社の比較が煩雑になる場合がある

訪問型保険代理店の中には40社を超える保険会社の取扱が可能な代理店もあります。例えば、医療保険ひとつとっても数十の取扱保険会社があるため、商品比較が煩雑になる可能性があります。要望に応じてある程度絞り込んで提案してくれる訪問型保険代理店も増えています。

 

 

 

独立系ファイナンシャルプランナーに保険相談する

保険会社や保険代理店に所属せず、独立した立場で保険相談できる「独立系ファイナンシャルプランナー」も増えてきました。

より中立な立場でのアドバイスを受けることが可能です。

 

独立系ファイナンシャルプランナーに保険相談するメリット

・職場や自宅など場所を問わず相談することができる

・保険会社や保険代理店から受けた提案に対し客観的なアドバイスを受けられる

・保険の提案を受けることがなく「営業されない」安心感がある

保険の販売を行っていないので、営業されることがありません。

 

・保険相談だけではなく家計や資産運用など幅広い相談に対応できる場合がある

保険に限らず家計管理、資産運用、投資、不動産、相続、税金など幅広い相談が可能な場合があります。ファイナンシャルプランナーによって得意分野が異なりますので事前に確認しましょう。

 

独立系ファイナンシャルプランナーに保険相談するデメリット

・相談料がかかる場合がある(1時間あたり無料〜1万円程度)

・商品(保険や金融商品など)の契約・購入をしたい場合のスムーズさに欠ける事がある

保険会社や保険代理店に所属していないため、相談をしたファインナンシャルプランナー経由では保険商品の見積もりや申込み手続きができません。別途、保険会社や保険代理店で相談、手続きをする必要があります。

記事カテゴリ一覧