介護の実態(3) 要支援・要介護認定の割合と要因

介護に関する基礎知識

介護の実態(3) 要支援・要介護認定の割合と要因

(最終更新日:2017年11月09日)

要支援・要介護認定者は加齢とともに増える

要介護者の発生率は、60歳代までは3%以下ですが、加齢と共に急速に高まり、85歳以上では60.3%と、約2人に1人が要支援・要介護認定者となっています。

 

年代別人口に占める要支援・要介護認定者の割合

(出典)厚生労働省「介護給付費実態調査月報 平成27年7月」

(出典)総務省「人口推計(平成27年7月確定値)」

 

 

介護が必要となった要因

介護が必要となった要因は男性と女性では大きく異なります。

男性は長期入院になりやすい脳血管疾患が約26%を占めています。

 

65歳以上の要介護者等の介護が必要となった要因(男性)

(出典)厚生労働省「国民生活基礎調査」

 

女性では骨折・転倒および関節疾患が約30%を占めています。

 

65歳以上の要介護者等の介護が必要となった要因(女性)

(出典)厚生労働省「国民生活基礎調査」

 

健康管理に気を付けよう

要支援・要介護になるリスクを軽減するには日常の生活の中で健康に気を付けることが重要になります。

それでも介護状態になってしまったときのために、自己資金や民間の介護保険で備えるのもひとつの方法です。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です