火災保険の保険期間の決め方

火災保険の選び方

火災保険の保険期間の決め方

(最終更新日:2017年09月14日)

火災保険の保険期間は1年から、最長10年まで選べる

現在、住宅の火災保険は最長10年で新規契約が可能です。
火災保険には長期契約割引があり、契約期間が長いほどその割引率は大きくなりますので保険料は割安です。

火災保険における長期契約一括払いの保険料割引率

契約年数 割引率
2年 7.50%
3年 10.00%
4年 12.50%
5年 14.00%
6年 15.00%
7年 15.70%
8年 16.30%
9年 17.30%
10年 18.00%

※割引率は一例です。(2015年10月1日現在)全ての保険会社で同一とは限りません。
※保険会社や契約のプランによっては長期契約ができない場合もあります。

 

火災保険の保険期間によるメリットとデメリット

火災保険の保険期間によるメリット・デメリット

メリット デメリット
1年契約 毎年更新があるため

  • 見直しが容易
  • 契約内容を比較的忘れにくい
  • 保険料が割高
  • 毎年の更新の手間がある
長期契約
  • 保険料が割安
  • 毎年の更新の手間がない
更新がないため

  • 見直しのきっかけがない
  • 契約内容を比較的忘れやすい

やはり保険料を重視するなら長期契約がよいでしょう。
一方、転勤や引越しの予定があるなどの場合には1年契約のほうがよいでしょう。

 

地震保険の保険期間は?

地震保険にも長期契約があり、最長で契約期間は5年までです。地震保険も長期契約のほうが割引率は大きくなりますので保険料が割安になります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です