個人年金保険の加入実態(2)年金額/給付開始年齢/給付期間

個人年金保険に関するデータ

個人年金保険の加入実態(2)年金額/給付開始年齢/給付期間

(最終更新日:2017年09月13日)

個人年金保険に加入している人はどのくらいの年金額にしているのでしょうか。
また、給付開始年齢や給付期間はどのように設定しているのでしょうか。
生命保険文化センターのデータを中心にみていきましょう。

個人年金の年額の平均は、世帯主は109.7万円、配偶者は68.4万円

個人年金の年額の平均は世帯主の平均額が109.7万円であるのに対して、配偶者は、68.4万円となっています。
やはり世帯主に大きな年金をかける傾向があるようです。

個人年金保険 基本年金年額(世帯主)

 

(出典)生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

 

個人年金保険 基本年金年額(配偶者)

(出典)生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

 

給付開始年齢は「60歳」「65歳」

世帯主の場合、給付開始年齢は全体では「60歳」が32.1%、「65歳」が26.6%となっています。
他の年齢は一桁の割合にとどまっていて、やはり定年や公的年金の受給開始等に合わせた設定をする方が多いようです。

個人年金保険の給付開始年齢(世帯主 複数回答)

(出典)生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

 

給付期間は「10年」が最も多い

個人年金保険に加入している世帯のうち、個人年金保険の給付期間(年金が受け取れる期間)を、「10年間」と回答した方が世帯主の場合、全体で43.5%と最も多くなっています。
次いで「終身」と続きますが、その占める割合は大きく下がります。

個人年金保険の給付期間(世帯主 複数回答)

(出典)生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

まとめると

・個人年金の年額の平均は、世帯主は109.7万円、配偶者は68.4万円となっています。
・給付開始年齢は「60歳」「65歳」と設定する方が多いです。
・給付期間は「10年」と設定する方が最も多いです。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です