低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する

学資保険と他の商品

低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する

(最終更新日:2017年09月15日)

教育資金の積み立てができる保険は、実は学資保険だけではありません。
最近、学資保険の代わりとして注目されているのが、「低解約返戻金型終身保険」を活用した方法です。

低解約返戻金型終身保険とは

保険料を払っている間の解約返戻金を少なくする代わりに、一般の終身保険や定期保険に比べ保険料が割安に設定されている終身保険です。
保険料の払込期間が満了すると、支払った保険料よりも多くの解約返戻金を受け取れます。
この保険を学資保険代わりに活用した場合、下記のようなイメージになります。

例えば、子ども0歳で加入 保険料払込期間を15年 とします。
そうすると、子どもが中学を卒業するタイミング(15年)で保険料の払い込みが完了し、その時点で低解約返戻期間が終わります。
以降、解約をした場合は支払った保険料よりも多くの解約返戻金を受け取れ、教育資金を準備することができます。
家計に余裕があれば必要になるまで解約せずに据え置くことで、返戻率は上がり続けます。
必要な分だけを解約返戻金で受けとって、残りを引き続き据え置くといったこともできます。
但し、保険料払込期間の15年の間に何らかの事情で解約してしまうと、元本割れしてしまいますので注意が必要です。

まとめると

・低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用することができます。
・保険料の払い込みが終了しても据え置くことで返戻率が上がっていきます。
・低解約返戻期間内の途中解約による元本割れに注意が必要です。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です