低解約返戻金型終身保険を学資準備に利用した場合のメリット・デメリット

学資保険と他の商品

低解約返戻金型終身保険を学資準備に利用した場合のメリット・デメリット

学資準備のために、学資保険ではなく、低解約返戻金型終身保険を利用する方法もあります。
その場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

保険,教育費,教育費シミュレーション,学資保険,保険,無料

低解約返戻金型終身保険を活用するメリット

払込期間や解約返戻金を受け取るタイミングの自由度が高い

例えば将来に備え、子どもがいなくても積み立てを始めることができます。
また、解約返戻金を受け取るタイミングをその時の状況に応じて変えることもできます。

 

解約しないで据え置くと返戻率が上がっていく

子どもがもし大学に進学しなかったり、進学時に資金に余裕ができていれば、そのまま据え置くことで、さらに解約返戻金を増やすことが可能です。
例えば据え置いて子どもの結婚資金に…といった選択も可能ですし、さらに据え置いて将来の老後の資金などに活用することもできます。
もちろん保障は、解約するまで続きます。

            学資保険                     低解約返戻金型保険

契約者(親)に万が一の事があった際、保険金支払いが早く、保障が大きい

学資保険の場合、契約者(親)が死亡した時は以降の保険料の支払いが免除となります。
そして、契約時に定めたタイミングと金額の満期学資金を受け取ることができます。
一方、低解約返戻金型の保険は、契約者(親)に万が一のことがあった場合、死亡保険金を受け取ることになります。
万が一の際はすぐに受け取ることができ、払われる保険金も学資保険の満期金よりもずっと大きくなります。

            学資保険                     低解約返戻金型保険

低解約返戻金型終身保険を活用するデメリット

保険料払込期間中に解約すると返戻金が少ない

その名の通り、保険料払込期間中に解約すると返戻金が少ないことです。
低解約返戻金型終身保険の場合、例えば解約返戻金が一般の終身保険の70%などと、低く抑えられているのが一般的です。

 

子どもを被保険者とした医療保障等はつけられない

基本的に保障されるのは「契約者(親)の死亡・高度障害」のみですので、子どもの医療保障などを付けたい場合は別に医療保険などに加入する必要があります。

まとめると

低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する場合
・契約の自由度が高く、据え置きによる返戻率上昇が見込め、大きな死亡保障を持つことができるというメリットがあります
・払込期間中の途中解約による元本割れリスクや、子どもの保障がつけられないなどのデメリットがあります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です